当院がネット予約をしない理由について

当院では予約優先で営業をさせていただいています。
ネット予約の方が便利で簡単だという意見も頂いていますが、当院では電話でのご予約をお願いしています。
【関連記事】・予約時にお伺いしたい事項について
どうしてネットではなく、電話で予約をお願いするのか、当院の考えを書きたいと思います。

実際にあった一例について

私は今まで患者さんに現在出ている症状を軽く聞いてから予約を受け施術にあたってきました。
しかし、自分でない他のスタッフが何気なく受けてしまった予約にて、患者さんに多大なご迷惑をおかけしてしまったのです。

私がその時点で引き継いだ情報は「転倒して捻挫した」というだけでした。
また私自身もヘルプとしてその院に派遣されていたもので、どのような設備があるのか把握もしていませんでした。
予約の情報を頂き院の設備を確認した所、捻挫に対しての設備が満足になく対応できる範囲がかなり狭いとわかりました。

どうか軽い捻挫であってほしい

私はここでなるべく軽症な捻挫であることを祈りましたが、来院された患者さんはご主人に抱えられ一人では歩けないほど酷い状態でした。
徒手検査の結果、骨折の疑いがあり、その場では設備が足りなく一番重要である固定をすることができません。
本当に申し訳ないのですがその患者さんには何もすることができず、そのまま病院へ行っていただきました。

私にできた事といえば、骨折の疑いがあると伝えること、レントゲンの撮れる病院を教えることだけでした。
本来であればせめて紹介状を書いて整形外科へ送るのですが、ヘルプで入った院ですので紹介状もなければ判子もない状態でした。

結果、患者さんは足を引きずり痛みに耐えながら院まで来てくださったにもかかわらず、無駄足となってしまったのです。
もちろん私自身の準備不足が招いてしまったのですが、予約を受けた時点で当院で対応しきれないと判断ができていれば適切な場所へ誘導でき、このような事にはならなかったのではないかと思いました。

一つの症状においても様々な危険が潜んでいる可能性がある

私はそれから予約を受ける際は必ず現在の症状を聞くようにし、そこで当院で対応できる範囲のものなのかを判断して予約を受けるようにしています。

  • 腰痛一つとっても原因は様々です。
    • 筋肉が硬くなって伸びないだけかもしれません。
    • 筋損傷を伴っているかもしれません。
    • 内科的な内臓器の問題かもしれません。
    • 骨折の疑いがあるかもしれません。
    • 椎間板ヘルニアの疑いがあるかもしれません。

この様に何があるかわからないものです。
腰痛だけでも実際は様々な問題が隠れている事があり、怖いものなんです。
最悪命が係わってくることだってあります。
病院にて精密検査や緊急手術が必要な場合もあるんです。

聞き取りも行わず、一度来てもらってからそこで判断しますというのは患者さんに対して不誠実ではないでしょうか?
みてくれるっていうから行ったのに「これはうちではみれない、病院に行ってください」と言われた場合、どう感じますか?
私だったら「なら最初からみれるなんて無責任な事言うなよ」って思います。
まずは症状の聞き取りを行い、当院で対応できる範囲かどうかを判断、適応範囲外であればすみやかに専門機関へ誘導することが患者ファーストであると私は思っています。
このような危険な可能性が潜んでいるのに相手から話も聞かずにネットで予約なんて無責任な事、私にはできません。

だからこそ当院は電話予約にこだわっています。
皆さんにとって手間かもしれませんが、何卒ご理解戴けますようよろしくお願いいたします。

当院では施術は勿論ですが、根本回復を目標とし、リハビリやご自身での日々のケアの指導、施術以外の面にも力を入れております。
腰痛や肩こり、不妊症でお悩みの方、ぜひ横浜市鶴見区にある鍼灸院 鍼処経灸堂で一緒に二人三脚で症状に向き合ってみませんか?

鍼処経灸堂 院長 藤田和喜